燃費について

トヨタbBの燃費について

トヨタbBは、3列シートを持たない小型のトールワゴンという特徴を持つ車で、2000年に初代が発表されました。初代は同じトヨタから発売されている、ヴィッツがモデルとなっています。
若者の中でもとりわけ男性向けとして発売された車種であるものの、長方形のゆったりとした車内と、見切りがよいデザインが扱いやすいと、幅広い年代から支持を集めています。
燃費に関しては最新の機種で、排気量1297ccで1リットル当たり15キロメートル、排気量1495ccで1リットル当たり14.6キロメートルほどです。
同クラスの車と比較すると、燃費の評価としては中程度のトヨタbBではありますが、平成17年の基準排出ガス50%低減レベルをクリアした、環境にやさしい車となっています。
初代についてはヴィッツがモデルであったものの、2005年以降の2代目トヨタbBでは同社から発売されているパッソ、さらにダイハツのブーンがモデルとして選ばれ、初代よりも若者に向けた斬新なデザインへと多少の変更があったものの、基本的な扱いやすさは初代そのままのため、引き続き幅広い世代に愛されています。
カスタマイズ性の高さも定評があり、自分好みの車を手に入れたいと願う人におすすめできる、機能性と自由度の高い車といえます。

▲ページトップへ▲