初代bB

初代bBは大人気だった!

 

初代bBはNCP30系と言われ(2000年〜2005年まで)販売されました。

 

特に若者に支持され街でTOYOTA bBを見ない日はないくらいでしたからね!

 

今でも元気で走っている初代NCP30系は、まだまだ人気を持っている確固たるファンが居ますからね!

 

そんな私もこの車は35万q物走行距離を走ったにもかかわらず殆どノートラブルで来てしまった、信頼性抜群の車でしたね!


 

bB

それにしても初代bB、いま見てもカッコイイですね!
この角ばったデザインは最近では中々無いですよね!

 

年式がさすがに古いからこそ、買い取り価格も大分落ち着いています。

 

今の若者にとても買いやすい車種ということで、今でも人気があるんですね!

【NCP30型】初代bBは今どれ位の買取・査定相場なの?

鮮烈なデビューを飾ったのは1999年の東京オートサロンでした。
その後2000年2月3日に発売され実に5年間の2005年7月28日まで発売されていました。

 

丁度2000年からの発売ですので今の車は14年〜9年経過した車ということですね!

 

・人気の初代bB 型式一覧

CBA-NCP31 CBA-NCP35 CBA-NCP30 UA-NCP31 UA-NCP35
TA-NCP35 TA-NCP30 TA-NCP31 TA-NCP34 GH-NCP35
UA-NCP30 UA-NCP34 GH-NCP31 GH-NCP30  

 

 

生産から10年ほどたった車、実際の需要はどうなの?
と思うかもしれませんが、この車種は若者に人気が有るのでマダマダ需要がある車なんです。

 

かく言う私も35万キロ乗ったにも関わらず3万円で買われていったので、14年落ちだろうと査定額ゼロってことは無いはずです。

 

そう言う私の車はヘッドライトが付かなくなって終わってしまったのでエンジンさえ動けはそれなりの価格で買い取ってもらえるでしょうね!


 

年式 グレード 走行距離 査定額
平成17年(2005年) Z Xバージョン 煌NEOエディション 65980キロ 83万円
  Z HIDセレクションII 153658キロ 32万円
  S Wバージョン HIDセレクションII 85364キロ 42万円
平成16年(2004年) S Wバージョン マジョーラII 35482キロ 52万円
  S Wバージョン 95514キロ 25万円
  S Xバージョン 125486キロ 18万円
平成15年(2003年) Z HIDセレクション 85468キロ 25万円
  S Xバージョン 125485キロ 16万円
平成14年(2002年) S Wiseセレクションナビスペシャル 154888キロ 8万円
平成13年(2001年) S Xバージョン 355548キロ 3万円
平成12年(2000年) S Xバージョン 154856キロ 7万円ん

僕のbBは35万キロ乗ったぞ!

bB

コレが僕の載っていたTOYOTA bBです。

 

どうです。

 

ボロいでしょ〜

 

でも35万キロ乗ったにも関わらずエンジンもミッションも快調そのものでした。
このbBはタイミングベルトが存在しないタイミングチェーン式ですので、オイル交換だけしていればほぼノーメンテでした。

 

通勤に長距離にと活躍してくれたけれども、最後はヘッドランプの電球切れという故障とはいえないような事で乗り換えを決めたものでした。

 

こんな車も、買取時には4万円という値段がついたのにはびっくり仰天でしたね。

 

 

 

じゃあどうしたら高く売れるの?

 

それはこちらを見て下さい!

 

>>TOYOTA bBを5万円高く売るには!を読む!<<

 

このサイトのTOPページヘ移ります!


 

 

▲ページトップへ▲