トヨタ

トヨタの凄み

TOYOTA

トヨタの何がすこいと言われたら、様々なことが上げられます。
トヨタの凄いところは一つには販売台数世界一という数字的なものが一つあげられます。
この販売台数につながるものは価格でやったり耐久性であったり車としての価格と性能のバランスがとてもお買い得なんですね。
近年車の値段はどんどん上がっている傾向にありますか実は風カローラだけはほとんど昔から値段が変わっていないのです。カローラは販売当初から、100万円前後で買えるという入門的な車だったのです。その車は今でも思同じような値段で買えるんですね。 しかしそのカローラももってみるとものすごく良くできた車でこの10年でものすごく期日が発達したものだと驚く限りです。

 

もう一つ驚くのが耐久性です昔はbBに乗っていたのですが日本の道路事情で 35万キロを突破したにもかかわらず殆ど性能が落ちずにノートラブルで走っていたということです。
タクシーやトラックが 300000キロ 500000キロと走れることはしていましたが不通に売っている安価な大衆車がこれほどの性能を持っているとは本当に関心したものです。
昔は本田はエンジンが丈夫でトヨタは全体的に平均点などと言われていましたが今のトヨタはF1に参戦したりするメーカーであり、LFAなどレクサスの販売も手掛けている日本車手の中でもとびぬけてチャレンジしている自動車メーカーだと思います。

 

そんなトヨタが起こ今ではとても大好きですしかし風二十歳そこそこのころは自分がトヨタ車を欲しいと思うなんてこと自体が信じられませんでした。

 

TOYOTAの80点主義は今も健在?

▲ページトップへ▲